レギュラーコーヒーの保存性や風味・種類について

  • レギュラーコーヒーとはなにか

    • コーヒーの名前はモカやブレンドと多岐にわたります。


      コーヒーで一般的に最も知られている名前として「レギュラーコーヒー」が挙げられます。

      livedoorニュース情報なら、こちらをご参考にしてください。

      レギュラーコーヒーの定義とは何かについて紹介していきたいと思います。



      レギュラーコーヒーはコーヒー豆を焙煎し、挽いた状態のことをいいます。
      コーヒーメーカーやマシンで抽出し飲んでいただくものを指します。

      ですので、缶コーヒーはこれに値しません。


      缶コーヒーはインスタントコーヒーの一種となります。製法は豆のコーヒーを抽出後、乾燥させ粉末にし、お湯に溶かしこんだものになります。


      特徴は製造過程の衛生上、容器ごと高温殺菌処理や添加剤成分の配合をするため、豆から抽出したコーヒーよりも風味や香りが比較的弱くなってしまう傾向がみられます。次にブレンドコーヒーですが、これは味や香り等のバランスよく保ち美味しいコーヒーを生み出すために行われる手法です。

      ブレンドされる豆は使い手によって変わりますが、3から5種類で構成されるのが一般的です。どのタイミングで配合されるは、これも使い手によって異なるのですが、焙煎前に配合するブレミックスか焙煎後に配合されるアフターミックスに分けられます。


      各豆の特性を活かし良い味を引き出すので、職人が成す技といったところです。
      以上をまとめ、レギュラーコーヒーは原材料100パーセントの一種の豆を使用し、抽出されたコーヒーを指します。



      コーヒー豆は枚挙に暇がありません。アラビカ種や、ロブスタ種など産地にとって様々です。

      王道のレギュラーコーヒーを通しコーヒーの世界をお楽しみください。