レギュラーコーヒーの保存性や風味・種類について

  • デカフェとはどんなもの?

    • デカフェ、とは本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、カフェインを添加する飲食物にそれをしなかったりした結果、カフェインを含まなくなったもののことを指します。

      安心安全のlivedoorニュースに関するアドバイスです。

      特にデカフェ、というときには特にカフェインレス・コーヒーのことを指すことが多いです。
      欧米ではすでに広く受け入れられており、市場の約一割を占めるほどの人気を誇っています。近年では日本でも徐々に人気が広がっており、ドリップタイプのものでも扱われていたり、有名なコーヒーチェーンでも取り扱われている例もあります。では、デカフェと普通のカフェインを含まれているコーヒーとの間にはどのような違いがあるのでしょうか。



      味に関しては、種類によっても違いがあるようですが、ほとんど普通のコーヒーとの間に差がなく、コーヒーが好きな人でも十分においしく飲めるものであるようです。



      また、コーヒーとデカフェの間の大きな差であるカフェインの有無によって、コーヒー好きがコーヒーの飲みすぎで悩まされる諸問題を解決することができるようです。

      コーヒーというのは老化要因に良く効くポリフェノールを多く含むのでアンチエイジングの効果があるのですが、反面カフェインにはシミを増やす危険性もあるようです。

      しかしデカフェであれば、その有効成分だけを摂取することができるので、非常に老化防止には効果があります。

      また、カフェインの取りすぎは肌荒れにもつながるので、それを防ぐ効果もあるようです。


      利尿効果も無視することができるので、冷えてしまうことも心配する必要がありません。