レギュラーコーヒーの保存性や風味・種類について

  • デカフェで体調不良を改善

    • 脱カフェイン処理の製法で作られているデカフェ。カフェインを摂取せずにコーヒーを楽しむことが出来ます。

      カフェインには眠気を覚ます、リフレッシュ効果があるなどのメリットがありますが、同時に自律神経の乱れや、血管を収縮させて偏頭痛を引き起こす原因になったりもします。
      カフェインは分解するのに時間のかかる成分で、一日に分解できる量はおよそ500mgと言われています。



      缶コーヒー1本あたりには、約150mgのカフェインが含まれています。



      一日に何倍もコーヒーを飲んで、気分が悪くなった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
      それでもコーヒーが飲みたい!という人にはデカフェがおすすめです。
      まず、コーヒーをデカフェにすることで、睡眠の質を向上させることが出来ます。
      カフェインには覚醒効果があるため、熟睡を妨げるおそれがあります。

      健康の基本である睡眠。

      BIGLOBEニュースに関するご質問を解決いたします。

      同じ時間寝ているつもりでもしっかりと質の良い睡眠がとれた方が体に良いのは言うまでもありません。そして胃への負担をかなり減らすことが出来ます。

      カフェインには胃液の分泌を活発にする働きがあるため、胃液で胃壁が荒れ、胃へ負担をかけてしまうことがあります。
      また、カフェイン依存になると慢性的な体のだるさが続くことがあります。
      デカフェの製品はコーヒーが圧倒的に多いですが、紅茶などでもカフェインレスの製品が販売されています。

      体調不良を感じている時に取り入れ、カフェインを減らす生活を試してみてはいかがでしょうか。